コンブチャクレンズの最安値は?

ヘッダー

Lシトルリンとは?|コンブチャクレンズに配合されています!

    

コンブチャクレンズに配合している成分の紹介です。

 

いろいろ説明しているのでお役にたてれば幸いです。

 

 

Lシトルリンとは?

 

1930年、スイカの果汁から発見されたアミノ酸で、

 

スイカをはじめ、キュウリなどのウリ科の野菜に沢山含まれています。

 

Lシトルリンは、遊離アミノ酸の一種で、細胞の全てに存在しています。

 

一酸化窒素を作り出したり、増やす働きがあるので、

 

血管を広げ、血流量を増やす効能があります。

 

Lシトルリンを摂取すると、体中の血流が良くなるので、

 

冷え性の予防や改善、むくみの防止になります。

 

肩こりの改善や痔の予防にもなります。

 

 

成長ホルモンの分泌促進効果があるので、筋肉増強やダイエットにも効果的です。

 

Lシトルリンには、一酸化窒素を作り出し、

 

増やす働きがあるので、血流量を増やすことができます。

 

全身の血流がよくなるので、様々な効果が得られます。

 

Lシトルリンの医薬品との併用は明らかではないので、

 

薬を飲んでいる人は、医師に相談の上、摂取することです。

 

血流のめぐりを得することは万病の効果が期待できます。

 

出来れば血管も綺麗にしていきたいですし、

 

ストレッチやストレスに負けない習慣も大切です(^^)

 

 

Lシトルリンには副作用があるのか?

 

Lシトルリンの副作用は、特にありません。

 

体が作り出せるアミノ酸なので、害はありません。

 

Lシトルリンは、医薬品扱いなので、副作用が心配になりますが、

 

たくさん外部から入ったとしても、

 

いらない分は尿から排出されてしまうので安心です。

 

Lシトルリンを摂りすぎたからと言って、

 

特に問題が起きるようなことはありません。

 

Lシトルリンは、スイカやキュウリなどのウリ科の食べ物によく含まれていて、

 

特に問題となるような副作用は報告されていません。

 

 

摂取すべき目安はあるのか???

 

Lシトルリンの1日の摂取量の目安は、800mgで、

 

最も多く含まれているスイカで100g あたり 180mgに過ぎません。

 

スイカで摂取する場合、約 7分の1切れが1日の摂取目安量に相当しますが、

 

スイカなどのウリ科の植物は、1年中、摂取することはできません。

 

そのため、摂り過ぎは考えにくいです。

 

但し、健康食品やサプリメントでLシトルリンを摂取する場合、

 

1日あたりの摂取量には、注意しておいたほうが良いです。

 

健康的に問題はないかという臨床研究は、

 

まだしっかりとされていないので、

 

あまり多いLシトルリンの量のサプリメントは、選ばないことです。

 

何事も過剰摂取は体への負担があるかもしれませので、

 

きちんと用法容量を守れば効果もより期待できます。

 

基本的にコンブチャクレンズで補給する場合、

 

飲む量なども目安で書いてありますので、

 

そちらに従っていけばOKだと思います(^^)

 

関連記事

βカロテン

トウガラシエキス

パン酵母

ハイビスカス

リコピン

ルイボスティー

ローズヒップ