コンブチャクレンズの最安値は?

ヘッダー

紅茶キノコ(コンブチャ)の発祥は?

    

 

紅茶キノコはコンブチャというネーミングで再ブームが起きていますが、

 

どこが発祥の地なのでしょうか。

 

 

そもそもコンブチャとは?

 

コンブチャというネーミングから、

 

日本が発祥なのかなと思う方もいるかも知れませんね。

 

実は東モンゴルが原産で、

 

その後はシベリアでもよく飲まれるようになったということです。

 

日本では昭和40年頃から50年代初頭にかけて、

 

ブームになりましたが、

 

最近はコンブチャとして欧米などで、

 

健康飲料として飲まれています。

 

 

昆布茶とは違いますよ!

 

コンブチャと呼ばれていても

 

昆布茶とは全く異なる発酵飲料です。

 

コンブチャの名前の由来は、

 

ゼラチン状の培地を昆布と混同したからと言われています。

 

紅茶キノコという名前も、

 

実際にはキノコが入っている訳では無く、

 

産膜性酢酸菌のコロニーが形成したセルロースゲルが、

 

培養中にキノコに見えるからという理由です。

 

現在は日本でも、瓶入りのドリンクとして、

 

紅茶キノコが売られています。

 

 

自分で作ることも出来ます!

 

自分で培養すれば、安価で何度も作ることができますが、

 

紅茶キノコの株を持っていないと作ることができません。

 

通販では株自体は入手できませんので、

 

持っている人から株分けをしてもらうという方法しか無く、

 

なかなか難しいのが現状のようです。

 

自分で作ると管理が大変&見た目が悪いので食欲がなくなるので、

 

買った方が絶対いいですよ。

 

どうしても大量摂取したい方は作られるといいと思います。

 

 

注意点

 

自分で作るとコスト的にも安上がりですし、

 

多く飲むことが出来ますが・・・

 

管理に気を付かけないといけません。

 

実際、日本から姿を消した噂の一つに、

 

大腸菌などお腹を壊すことが実際に起こり、

 

あまり人気が無くなったという噂もあります。

 

実際、管理をちゃんとせず放置するととてつもないことになります。

 

ですので・・・衛生面や出来栄えや味を考えると、

 

購入したものを美味しく飲むことをお勧めしています。